保育士として採用されるなら都心・地方のどちらがいいか

都心・地方のどちらで採用されるべき?保育士になる前に知りたいこと

都心と地方

保育士として働きたいと思ったときに、「都心で求人を探すか」「地方で求人を探すか」で迷うこともあるのではないですか?どちらの求人を選ぶべきか迷っている方はこちらで都心と地方、それぞれのメリットについて確認しておくといいでしょう。

保育士として採用されるなら都心・地方のどちらがいいか

保育士

都心のメリット

都心で保育士として採用されるメリットとしては、何より給料が地方と比べて高いということでしょう。特に東京では保育士として働くことでその他の全国平均額のおよそ1.5倍ほどの給料が得られると聞きます。そのため、給料面で考えたときには都心で働く方がメリットは大きいでしょう。また、キャリアアップを考えたときにも都心の保育士の方が有利です。

地方のメリット

一方、地方の保育士のメリットとしては、生活費が安いことや通勤ラッシュが回避できるといったことが挙げられます。やはり地方では都心に比べて家賃や生活費が安く抑えられます。実際、同じ家賃だとしても都心ならワンルームしか住めないことに対して、地方なら2LDKの広い物件に住めるといったケースもあります。

転職を成功させるためのポイント

将来的なビジョン

保育士にかかわらず、将来的なビジョンを明確に持っている方はどの職場においても重宝されます。もちろん、そのための素養や実力を兼ね備えていることが大切ですが、未経験の場合でも将来どうなりたいかを面接で言うだけでも面接官の印象が大きく変わってきます。

自己分析の理解度

自分の長所・短所をきちんと把握している方は面接において適切なアピールをすることができます。むしろ、自分のことを理解していない人が他人に理解してもらうというのが間違いです。転職を成功させるためには自己分析をしっかりとしつつ、面接で通用するアピールポイントを考えましょう。

志望する会社の特徴

面接では当然のこと、志望した理由や会社の長所や魅力について質問されることも多いです。また、会社によっては代表取締役、資本金、提供している製品・サービスなども聞かれます。そのため、最低限、志望する会社の知識を身に付けておきましょう。

広告募集中